ブログトップ

ちょっといっぷく

淡路島の植野工務店です。 建築・土木・不動産・竹炭  公共、神社仏閣から住宅まで幅広く手がけています。


by uenokoumuten
プロフィールを見る
画像一覧

玄関まわりの柱の入れ替え及び耐震補強工事

今回は玄関まわりの柱の入れ替え工事、耐震補強を考えて筋交いを検討しました。


工事前の写真です。柱の根元の部分が腐ってきているので入れ替えをします。
また、筋交いを入れて耐震補強をします。
左が外観、右が内観。
d0134247_13484750.jpgd0134247_13503115.jpg 


最初に入れ替える柱のまわりの壁と天井を撤去します。
左が撤去の様子、右が撤去後の外観。
d0134247_14351.jpg d0134247_145488.jpg 


次に入れ替える柱を撤去します。ジャッキを2台使い梁を持ち上げ、柱を抜き取ります。
左が使用するジャッキ、右が梁を持ち上げ柱を抜き取った様子。d0134247_8445739.jpgd0134247_14181598.jpg 


次は梁の傷んでいる所を補強します。梁と補強材に穴をあけ、ボルトとナットでしっかり固定します。
そして新しい柱を入れていきます。全部で6本いれていきます。
左が梁の補強、右が柱を入れた様子。d0134247_14252184.jpgd0134247_1432572.jpg 


次に土台を固定し、筋交いを取り付けます。
まず、延石にあるコブを除去し、穴をあけ、土台と延石をボルトで固定します。
そして、筋交いをいれ金物で固定していきます。左が土台、右が筋交い。d0134247_14354073.jpgd0134247_14413753.jpg 


そして下地材を柱、梁、筋交いに固定し、壁材を取り付けていきます。
左が取り付け後、右が下地材。d0134247_1453186.jpgd0134247_14543477.jpg 


断熱材(グラスウール)をいれ、内側にも柱と柱の間に地震に強いラスカットを入れて
壁材とします。そして壁土を塗ります。
左が断熱材、右が壁土を塗った後。中塗りで仕上がりは7~10日先。
d0134247_1524935.jpgd0134247_15131426.jpg 


そして天井をはり、玄関のサッシ、戸を取り付けます。
左が天井(船底風和風天井)、右が玄関。d0134247_15162479.jpgd0134247_1517488.jpg 


次に玄関前のオダレ化粧丸太柱を取り付けます。まずボルトを貫通させた束石を作ります。
そして固定用のナットが入る穴をあけた柱を取り付け、ナットで柱と土台を固定し、
最後に柱にあいた穴に蓋をします。d0134247_1520248.jpgd0134247_15203946.jpg 


これで完成です。工事前は延石と柱が固定されておらず、
筋交いも入っていなかったのですが、今回の工事でそれらを解消できました。d0134247_15364059.jpgd0134247_15375786.jpg   


工事を終えて、お客様も満足し喜んでいただけました。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[PR]
by uenokoumuten | 2010-03-04 10:54 | 家づくり